まずは通報

もしも交通事故被害にあったらまずは警察に通報することが重要です。
普段は110番に電話をすることは滅多にありませんが、交通事故に巻き込まれてしまったら被害者が積極的に警察に連絡をしてすぐに駆けつけてもらうようにしてください。そうすることで自分が損をすることを防ぐことができます。自分が後から損をしたくなければ被害者であっても積極的に自ら警察に連絡をするようにしてください。

本来であれば加害者がすぐに警察に連絡をするべきですが、事故を起こしてしまった張本人は気が動転していてパニックになっていることが多いです。そのような状況ではすぐに警察に連絡することが困難になってしまいます。
すぐに連絡をしなければ状況が変わってきて自分に不利な状況になってしまう可能性があるので、そのような状況にならないためにも自分で110番に連絡をして事故現場に来てもらうようにしてください。

相手の加害者が警察を呼ぶのを嫌がるケースもあります。それは悪いと分かっていて車の運転をしたときです。
例えば飲酒をしていたり、無免許運転をしていたりしたら免許停止や免許取り消しになってしまうために、加害者は警察を呼びたくないケースです。しかし加害者がどのような状況であっても被害者には関係ありませんので、まずは早い段階で警察を呼ぶようにしてください。