事故情報をきちんと記録しておく

被害者は加害者に騙されないためにもすぐに警察を呼んで事故の状況をしっかり記憶しておくようにしてください。そうすることで後から自分のためになります。
交通事故の被害に遭ったら事故の処理が一段落したら加害者に対して損害賠償を請求することになります。損害賠償を請求するために一番重要なのは現場の状況なのです。できるだけたくさんの金額の損害賠償を請求するためにもそのときの状況をしっかり記録しておくことが重要です。

全てを警察に任せてしまっても構いませんが、自分ができるところは自分でやるようにしてください。警察に任せるだけでは足りない部分がありますし、処理が遅れてしまう可能性もあります。
そうなってしまうと損害賠償を請求するのが遅くなってしまうので、そうならないためにも自分も様々な記録をとっておくようにしてください。記憶だけでは曖昧な部分もありますので、できれば写真を撮影したりメモを取るようにしてください。

そうすることで弁護士へ交通事故の慰謝料請求依頼をするときも有利に働きますし、保険会社に連絡するときもそのときの状況を詳しく伝えることができます。警察のように本格的に事故情報を細かく記録することはありません。自分自身で弁護士や保険会社に状況を説明できる程度に連絡をするようにしてください。