事故情報をきちんと記録しておく

被害者は加害者に騙されないためにもすぐに警察を呼んで事故の状況をしっかり記憶しておくようにしてください。そうすることで後から自分のためになります。
交通事故の被害に遭ったら事故の処理が一段落したら加害者に対して損害賠償を請求することになります。損害賠償を請求するために一番重要なのは現場の状況なのです。できるだけたくさんの金額の損害賠償を請求するためにもそのときの状況をしっかり記録しておくことが重要です。

全てを警察に任せてしまっても構いませんが、自分ができるところは自分でやるようにしてください。警察に任せるだけでは足りない部分がありますし、処理が遅れてしまう可能性もあります。
そうなってしまうと損害賠償を請求するのが遅くなってしまうので、そうならないためにも自分も様々な記録をとっておくようにしてください。記憶だけでは曖昧な部分もありますので、できれば写真を撮影したりメモを取るようにしてください。

そうすることで弁護士へ交通事故の慰謝料請求依頼をするときも有利に働きますし、保険会社に連絡するときもそのときの状況を詳しく伝えることができます。警察のように本格的に事故情報を細かく記録することはありません。自分自身で弁護士や保険会社に状況を説明できる程度に連絡をするようにしてください。

まずは通報

もしも交通事故被害にあったらまずは警察に通報することが重要です。
普段は110番に電話をすることは滅多にありませんが、交通事故に巻き込まれてしまったら被害者が積極的に警察に連絡をしてすぐに駆けつけてもらうようにしてください。そうすることで自分が損をすることを防ぐことができます。自分が後から損をしたくなければ被害者であっても積極的に自ら警察に連絡をするようにしてください。

本来であれば加害者がすぐに警察に連絡をするべきですが、事故を起こしてしまった張本人は気が動転していてパニックになっていることが多いです。そのような状況ではすぐに警察に連絡することが困難になってしまいます。
すぐに連絡をしなければ状況が変わってきて自分に不利な状況になってしまう可能性があるので、そのような状況にならないためにも自分で110番に連絡をして事故現場に来てもらうようにしてください。

相手の加害者が警察を呼ぶのを嫌がるケースもあります。それは悪いと分かっていて車の運転をしたときです。
例えば飲酒をしていたり、無免許運転をしていたりしたら免許停止や免許取り消しになってしまうために、加害者は警察を呼びたくないケースです。しかし加害者がどのような状況であっても被害者には関係ありませんので、まずは早い段階で警察を呼ぶようにしてください。

交通事故被害にあっても慌てずに

もしも交通事故被害にあったら大変パニックになってしまうでしょう。まさか自分が交通事故の被害に遭うとは思ってもいないはずなので、いざ交通事故に巻き込まれてしまったら本当に大変なことになってしまいます。
しかしいざ交通事故被害に遭ってしまったら焦らずに行動するようにしてください。焦って行動してしまうと交通事故に巻き込まれてしまった自分が損をしてしまうからです。

全てを加害者に任せるのではなくて警察に事故があったことを連絡するようにしてください。
被害者は事故の処理をした後に損害賠償を請求することになります。そのときに重要なのが加害者の身元や加入している保険会社の情報、事故の記録などが必要になってきます。
このような手続きは素人が処理できるようなことではありませんので、必ず警察にお願いしなければいけないポイントになります。

全てを自分でやろうとすると事故に遭ってからパニックになってしまっているので、全てを自分一人で行うのはとても大変ですし、加害者に任せると警察に連絡してくれないで逃走してしまう可能性もあります。
もしも交通事故被害にあったら被害者であってもすぐに警察に連絡をするようにしてください。警察に連絡することを加害者が嫌がる場合がありますが、自分は被害者ですから、加害者のそのような態度を気にすることなく警察に連絡をしてすぐに来てもらうように手配してください。
当サイトでは交通事故の被害に遭ってしまったらどのように対処すれば良いかを解説しています。